単身赴任の準備

単身赴任の際の準備について説明します。

妻帯者の方が仕事先の転属や再就職によって家族と離れて職場に近い土地で1人暮らしをすることを単身赴任と呼びます。

まず、単身赴任する際に今までの住居から1人暮らしに必要な身の回りの物を移動させる、または新居先で購入して準備をする2つの方法があります。



身の回りをもって引っ越す

自宅から必要なものを新しい住居へもちこむ引越しですが、家族持ちの方の場合では家族と共有しているものが多くあまり持込めないケースがあります。

1人暮らしの場合、多くは生活必需品、家電製品、寝具、趣味に使う道具など程度で収まりますが、中には多くのものを用意する人もいるようです。

しかし、1人暮らしに用意される住居の大半が1LDKから広くて3LDK程度の大きさになるのであまり大量の荷物は必要ないでしょう、また1人暮らしをすることで自分で家事炊事をこなす必要も出てくるので大量の物は逆に新しい住まいでは邪魔になる場合もあります。

新居先で用意する

引越しの際には身の回りのものだけ携えて、大きな荷物などは新しい住まいで購入するケース。
この場合、生活用具のみ自分で持込み、家電、寝具など大きなものを新居の地元で購入、搬入から組み立て、設置まで手配する形となります。

引越し費用が嵩張ってしまう原因のひとつに家電製品(冷蔵庫や大型テレビなど)、寝具、インテリア(ベッドやソファア)などがあげられます。

実際に見積もりをとると上記を持込むための費用と転居先で新しく新調するのとでは新調するほうが安くお膳立てできるケースがあります。特に転居先が遠方であればあるほど新調するほうが結果として安上がりになります。

スポンサーリンク